白山開山1300年とは

平成29年(2017年)は、僧泰澄が白山を登拝する山として開山してから1300年目となります。

今から1300年前の西暦717年(養老元年)、奈良時代の高僧・泰澄大師が、それまで神のすむ神聖な霊山として人が足を踏み入れることのなかった「白山」に初めて登頂した「白山の開山」であったといえます。

この泰澄大師による白山開山が、自然崇拝の山(神)と人の知恵(仏教)とが融合した神仏習合・白山信仰の始まりとなり、白山山麓の加賀、越前、美濃の三馬場と禅定道(登山道)筋にはそれぞれ寺社や集落が形成され、人、物、情報などが行き交い、白山山麓特有の生活文化が培われてきたのです。

郡上市はその三馬場のうち、白山信仰の太平洋側の拠点である「美濃馬場」が置かれた地であり、「美濃禅定道」における白山登拝への登り口として、かつては「登り千人、下り千人」といわれるほど多くの来訪者を集めました。また、郡上からも「御師」と呼ばれる人たちが、白山の信仰を広めるための日本の各地へ出向くなど、白山とその信仰を通じたさまざまな人や地域の交流がありました。

そのような交流の歴史から生まれた文化は、郡上おどりや白鳥おどり、市内各地に伝わる神楽などのさまざまな伝統芸能や、遠く東北・奥州藤原氏寄進の虚空蔵菩薩坐像をはじめとする多くの文化財として今に息づいています。

西暦2017年(平成29年)は、このように郡上の成り立ちにも大きな影響を与えた白山の開山から1300年目という記念の年となります。郡上市では、この重要な節目となる年に1300年の悠久の歴史を見つめ直し、白山の自然と信仰が育んだこの白山文化を若い世代や子供たちへ継承するとともに、環白山地域間の交流・連携を通じ、まちづくりの基本理念への理解がさらに深まるよう「白山開山1300年祭」に取り組んでいます。